異才、発見! with-triangle’s blog

『異才、発見!』 伊藤史織のオフィスウィズトライアングルがが発信しています。

絵本作家のぶみの世界展 二子玉川ライズにて

はじめてのぶみさんの絵本をてにとったのは、もう10年くらい前のこと。

今の時代にストレートな言葉で一番大切なことをわかりやすく伝えてくれる。

こんな方法があるのだと、驚きました。

編集者に紹介してもらい、その後も絵本作家の集まりなどで何度かお見かけしたけれど、いつも熱く絵本のことを語りまくってました。

その生き方がすてきで、「異才、発見!」でもインタビュー。

そののぶみさんの絵本展。今日から3日間、特別イベントは雨の続く夏休みのうっぷんを吹き飛ばすものになりそう。

ぜひ、二子玉川ライズへ。のぶみさんに会えますょ。

f:id:with-triangle:20170816074048j:imagef:id:with-triangle:20170816074100j:imagef:id:with-triangle:20170816074110j:image

濱口瑛士絵画展/星山海琳写真展ありがとうございました

アトリエ・リアンのこけら落とし『異才、発見!』記念イベントとして、異才発掘プロジェクトの第1期生濱口瑛士さんと、サドベリースクール出身の星山海琳さんの作品展が、無事終了致しました。

 

準備期間も短く、あたふたしながらの開幕で、不手際も多々ありましたが、ご来場くださった皆さまの笑顔に救われました。

 

なんども足を運んでくださった地域のみなさま、感謝の気持ちでいっぱいです。

一度お越しいただくと、次の日にはご友人をお連れいただき、その翌日にはご友人がまたご友人をお連れいただくという嬉しい連鎖が続きました。

駒場の地域コミュニティだけでなく、北海道、広島、静岡、栃木からもご来場いただきました。

 

最終日には地域のコミュニティひま輪りの会の井上さんのご紹介により目黒区の区議会議員さん数名ほか、区役所の方々にもお越しいただき、なにか新しいことが連携して活動できそうな予感が⁉︎

 

アトリエ・リアンの今後の活動にも是非、ご注目いただけると幸いです。

 

秋からはギャラリーだけでなく、セミナーやお教室、講演会も始まりますので、このブログにてお知らせいたします。

 

多目的レンタルスペースとしてお部屋の貸し出しもおこなっております。

 

どうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 f:id:with-triangle:20170803174143j:image

いよいよ最終日

あっという間に「濱口瑛士絵画展/星山海淋写真展」本日が最終日です。

18時までです!

 

先日MXTVさんが取材に来てくださいました。

瑛士くんの作品をを2年ほど前からご覧になっているので、その成長ぶりを実感。

作品の前に立った瑛士くんの言葉にも熱がこもります。

f:id:with-triangle:20170802131037j:image

 

トークライブ 伊藤史織×吉田親子×濱口親子

始まる直前に豪雨注意報が、、、。

どうなることやらと、ドキドキしましたが、予定通りにスタート!

よっぴー(吉田晃子)の子育ての話から始まりました。

 

自分の価値観を一旦ポケットの中に入れて、子どもがほんとうにしたいことや考えていることと向き合う。

「こんな考え方もあるのね」と、子どもを一人の人格として受け入れ、自分の価値観を押し付けない

「そうそう、その通り!わかってはいるんだけどね〜」

どうしても自分を基準に考えてしまう。

この子にはこの子の良さがある!

 

よっぴーの話にみんながうなづき、熱心にノートをとる方もいらっしゃいました。

 

気づけばお母さんがいつも一番大変!と感じてしまうけど、ほんとうにそうかな?

一番たいへんなのは子ども本人なのに、「私がたいへん、たいへん」と思い込んでいませんか?

 

瑛士くんは、購入いただいた本にサインがわりの絵を描き終えてから参戦。

自らの体験をお母さんとともに振り返りながら質問にも丁寧に答えてくれました。

 

海琳さんと瑛士くんの共通点はともに年齢よりも大人っぽいことです。

語彙も豊富で奥深く考え、冷静に人を観察することもできます。

 

質疑応答からは、これが聞きたい!と現状のお悩みを抱えていらした方々も多く、ここでしかできない話を共有しました。

 

生の声ってほんとうに大切だなぁとつくづく感じました。

トークライブ終了後も立ち話が続きました。

 

「異才、発見!」の感想もいただき、感謝感激です。

 

f:id:with-triangle:20170730004529j:image

嬉しい一言

「瑛士、ありがとう!」

 

異才発掘プロジェクトの中邑先生や関係者の方々がギャラリーにいらしてくださいました。

そのとき、この言葉をお聞きしてとても嬉しかったです。

最新作の作品を見ながら、その成長に思わずその言葉が出たようです。

お褒めの言葉に瑛士くんも嬉しそう。

 

「ルールを超えた学びの中で原石は光を放つ」

 

『異才、発見!』の本の帯に寄せられたこの言葉も宝物です。

 

f:id:with-triangle:20170729235748j:image

 

 

星山海琳の写真に魅入る

f:id:with-triangle:20170730001023j:image

小・中・高と学校に通わず、九九もbe動詞も知らなかった海琳(まりん)さん。

「そんな私が大学にいったら面白いと思わない?」

そうつぶやいた2ヶ月半後に高認を受け、大学受験に挑み、見事に合格。

現在、大学在学中です。

モノクロの写真からは微妙に揺れ動く風を捉え、独特の世界観が感じられます。

本日より星山海琳(まりん)さんの写真も展示されます。

あっという間に、アトリエ・リアンのこけら落としも後半に入りました。

本日より星山海琳さんの写真も加わり、展示レイアウトも変わります。どうぞお楽しみに。

 

昨日は雨の中、ご来場ありがとうございました。

親子3人で訪れたAさんは、初めての絵画展を熱心に楽しんでくださいました。

先日ご来場くださった職場の方に今回の展示の話を聞き、駆けつけてくださいました。

それぞれが好きな絵を見つけたり、テレビで見た原画の前で自分の思いを語ったり、、、。

 

また、初日にいらしてくださった方が、「異才、発掘!」を読んで、その感想を伝えに来てくださいました。

 

「久しぶりに興奮してもう、早くあいたかったのよ。昨日来たら休館だったでしょ。今日が待ち遠しかったわ。異才発掘プロジェクトはすごいわね!あなた、これからも取材続けてちょうだいね」 

 

駒場通りを歩いていると、「明日、行くからね!」「すごくよかったわよ、こんなことが駒場でできるなんて嬉しいわ」「トークイベント、まだ席ある?」などとお声掛けいただき、あっという間に地域に馴染んでいることに驚きます。オーナーのセツコさんのおかげです。

 

みなさまのおかげでスタートを切ったアトリエ・リアン。後半もお楽しみください。

f:id:with-triangle:20170727072911j:image